no

当園について

先生の笑顔が輝く 先生の学び舎
~ 自然で本物の幼児教育を目指して ~

みなさんこんにちは。私たちがモンテッソーリ教育を導入し、30年近くが経ちました。

最初は何もわからない中手探りの状態が続いたモンテッソーリ教育の実践も、松浦公紀先生(日本モンテッソーリ教育総合研究所教師養成センター上席研究員)をはじめ、様々な外部講師の先生方の協力を得ながら、着実にその成果が上がるようになりました。

自ら伸びようとする生命は神秘的で、集中して仕事に取り組む姿、「できた!!」と言う元気な声、その度毎に生き生きはつらつと輝く顔、そうした子ども達の中で、私たちは幸せを感じてきました。

“自然で本物の幼児教育”、深まるこの確信を持ちながら「自立していて有能で、他者への思いやりと責任感があり、生涯学び続ける姿勢を持った人間」―モンテッソーリが求める人間像― 一人ひとりがこのように成長してくれることを願って、今日も子ども達の生命に仕える、私たちの実践が続いています。

モンテッソーリ教育について

モンテッソーリ教育とは、子どもの自ら自分を育てる能力「自己教育力」を最大限発揮させる環境や教具(おもちゃ)を用いて、生涯学び続ける姿勢を持った自立した人間を育てる教育です。

  • 自ら育つ環境づくり

    発達に必要な体験を積み重ね、充実感を味わうことができる環境を整えることができれば、子どもは自分で自分を育てることができます。 この「環境による保育」を成し遂げるために、私たちは、乳幼児期の特性と発達の姿を常に研究しています。

  • 子どもの力を信じる

    子ども達は「成長の課題」と一緒に、それを実行する力を天から授けられています。 私たちは、伸びようとする生命に仕える気持ちで子どもに接し、方向付けをするディレクターでありたいと思います。

  • こころとからだが一緒に育つ

    感性・知性・心と体が一緒に育つ乳幼児期は、動きながら学ぶことが大切とされています。 運動は体だけでなく、精神的活動を活発にし、知性も育みます。脳と体を働かせて学び取った子ども達の「できた!!」という声が、いつも園に響いています。

特色

  • 充実した福利厚生

    働く皆さんが、ご自身の人生や未来も大切にできるよう、“働きやすさ”を実現する様々な制度や文化があります。

  • 安心の研修制度

    外部講師による保育技術研修や行事研修などの実践研修(OJT)を中心とした研修を行っています。
    多くの研修は園内で実施しています。

  • キャリアパス制度

    キャリアに合わせた研修を用意しています。経験実績に基づいてキャリアを決定し、現在27名の先生方がキャリアを持って活躍されています。

TOP